黒門丸一 旨い魚 黒門丸一
大阪黒門市場内・最高級鮮魚専門店
大阪市中央区日本橋1-17-8

TEL 06-6631-4962  FAX 06-6643-1700
更新履歴
11/09/08
e-mail maruichi@kuromon.com
URL www.kuromon-maruichi.com

日曜・祝日定休
買い物かご 送料・代引き手数料 四季の魚料理 旨い魚通信 旨い魚たちのうんちく・お召し上がり方など 今店頭ではこれが旨い! ご来店案内・及び周辺駐車場 トップページへ戻る お取り寄せ一覧
◆◇◇ 旨い魚通信 ◇◇◆
バックナンバー
NO.20 舞台裏 その2 
前号へ 次号へ

旨い魚通信  NO.20 舞台裏 その2 【黒門丸一】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◇ 旨い魚通信 NO.20 ◇◇◆   2005年12月10日発行【黒門丸一】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、まぐまぐ・メルマで登録してくださった方と、
当店でお買い物してくださったお客様に配信させていただいております。
このマガジンがご不要の方は、巻末にて解除の方法を記しております。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎度丸一です。

12月4日のTV東京「ソロモン流」で、
土井善晴先生の黒門市場での立ち寄り先として
当店を取り上げていただきました。ありがとうございました。

今回の旨い魚通信は、舞台裏その2。
今回の「ソロモン流」など、
とても丁寧で礼を尽くしていただいた取材が多いのですが、
時々なんとも「けったいな」取材もあるもんで…

◆今号のラインナップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「舞台裏 その2」
■ お正月用品こそ丸一
■ やっぱり「てっちり!」
■ 年末年始のお知らせと年末の店頭営業のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「舞台裏 その2」

一口にテレビ取材と言っても、局や内容によって全然違います。
N○Kだと、スタッフの数、打ち合わせやリハーサルの回数は、
民放の3倍ぐらいと にぎやかです。
洗剤などの商品名が分かりそうなものはすべてお片づけしますが、
これは民放も同じようです。
CMスポンサーとぶつからないようにとの配慮でしょうね。

一番困るのはバラエティー系の撮影。
吉本興業の本拠地が近いので、
変な扮装をした芸人さんが、突然カメラと共にやって来て、
「じゃんけんに負けたら一曲歌え!」など。

ある時など、女性レポーターが飛び込んできて、
「奥さんが妊娠中、浮気しましたか?」
首を思いっきり横に振ると、一旦は退却したものの、また現れ
「顔はモザイクで隠しますから。」
(店の看板は丸出しやし、無理やり浮気者にしたいんか?!)

道行く人なら飛んで逃げられても、店員は逃げられないので絶好のカモです。
横から見ている分には、ほとんどアドリブばかりで、
スタッフも笑いながら撮影しているほど面白いのですが、
最近は狙われないように、冷蔵庫の陰に隠れています。

生放送だと、リハーサルも5〜6回が普通です。
回数を重ねるほど緊張が増してゆき、
最初の頃の威勢の良さはどこへやら、
本番にはすっかり元気が無くなって、
自分でも何を言っているのか自信を失って、
何のためのリハーサル???

魚を捌く時なら一発勝負!
同じところに何回も包丁を通すのはご法度です。
繰り返すのが苦手なのは、職業柄でしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お正月用品こそ「丸一」

今年も去年と同様に12月28日の最終発送日にお正月用品をお届けします。
おせちに入れる味噌漬やサゴシのきずし、数の子、ごまめなど。
日本酒のアテに新物このわた。
棒だらも極上のものをご用意しました。

代金引換にて発送。
5000円以上お買い上げの場合、代引き手数料は当店で負担いたします。

【黒門市場のあの味噌漬】
おせちに入れる焼き魚に、味噌漬は欠かせません。
瀬戸内産の白甘鯛、まながつおは固定ファンの多い魚です。
鮭ははまる人ははまるらしく、何度もこの鮭を指定されます。
定番の鰆も脂がのって身も厚く、旨みがあります。

【サゴシきずし】
土井善晴先生の「おかずのクッキング」(11月21日発売)の巻頭特集で
おせちの一品として当店のサゴシが取り上げられております。
サゴシとは鰆の幼魚。上品な〆サゴシです。
関西の高級料亭のおせちには必ずと言っていいほど、入っています。

【小鯛のきずし】
天然のきれいな色がおせちを引き立てます。

【数の子】
ちまたに数の子は随分出回っていますが、この数の子は「山二」の金印。
1千トンの原料からわずか20トンしか生産できない希少品。
これを250gずつ当店で小分けしてお届けします。

【自家製田作り】
宮津産のごまめを使っての自家製田作りです。飴はきつくありません。
さらりとしていて、噛むと旨みが口いっぱい広がります。

【水戻し棒鱈】
天日干し棒だらの特大サイズを当店にて水戻しの上、
小分けにして販売します。
あと一晩水戻ししていただければ調理可能な状態です。
お客様は「丸一の棒鱈は炊いても崩れへんねん。」と仰います。
また、「いっぺんここの食べたらよその食べられへんわ。」などと
嬉しい事を言ってくださる方も多数。
関西のおせちの定番です。

 他にもございますので、ぜひ一度ご覧ください。↓
http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/nenmatsu.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■やっぱり「てっちり!」

今年は昨年以上にふぐ鍋「てっちり」出足が良く、感激しております。
リピートされる方も多く、ありがたく思っております。

【ご馳走鍋】
ご自宅でふぐフルコースをご堪能ください。
白子もちセットも非常に人気が高いです。ありがとうございます。
http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-fugu.html

【年末のふぐ】
年末を家族やふるさとで「てっちり」を囲むのも最高ですね。
年末は12月28日が最終発送日です。
この日に発送したふぐは12月31日が消費期限となります。
皮が「湯引き」ではなく、「生皮」でのお届けとなりますが、
これはその方が日持ちがするためですので、ご了承ください。
湯引きの方法は説明書を同梱いたします。
年末に向かってふぐはどんどん相場が上がります。
申し訳ございませんが、12月28日発送分に限りまして
お値段が少し上がります事をご了承ください。
http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/nenmatsu.html

【お正月にふぐを食べたい!】
鍋用あら身、皮(生皮)、白子は冷凍可能です。
てっさ用上身は冷凍後はぶつ切りしてお鍋に入れていただく事となります。
冷凍される場合は、12月27日までにお届けすれば、価格も上がりません。
その場合、皮を生皮でのお届けに変えなければなりませんので、
ご注文欄に「家で冷凍する」旨、ご記入いただけますでしょうか。
http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-fugu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 年末年始のお知らせと年末の店頭営業のご案内

黒門と言えば年末の風物詩です。
あちこちのテレビ局が来られますし、お客様の数も半端ではありません。
当店もご飯を食べる暇も無いほど早朝から夜まで働き詰めです。
年末の当店の店舗営業のご案内はこちら。
http://www.kuromon-maruichi.com/maeuri2.html

当店の年末年始の営業ですが、
12月28日が最終発送日、年明けは1月6日より発送が可能です。
その間、メールのお返事も出来ません。申し訳ございません。

店舗営業は12月31日まで行います。
31日は早めに店じまいしますので、お早目のお越しをお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記

ちょっと発行間隔が詰まってしまいました。
何度もお付き合いいただいて、ありがとうございました。
次はちょっと間隔が開きそうです。
気長にお待ちいただけますでしょうか… (^_^;)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ■□ 黒門 丸一 □■
〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-17-8
Phone   06-6631-4962
Fax  06-6643-1700
E-mail   maruichi@kuromon.com
URL http://www.kuromon-maruichi.com/
メールマガジンの登録・解除はこちらから(まぐまぐ・メルマ) 
http://www.kuromon-maruichi.com/umaisakana-tsusin.html
直接配信のお客様はメールにてご連絡いただけると幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号へ 次号へ

会員登録を行う お買い物をしなくても、専用の画面より会員登録をして頂ける機能です。
マイページにログイン 会員情報やお買い物履歴がご覧いただけます。