黒門丸一 旨い魚 黒門丸一
大阪黒門市場内・最高級鮮魚専門店
大阪市中央区日本橋1-17-8

TEL 06-6631-4962  FAX 06-6643-1700
更新履歴
11/09/08
e-mail maruichi@kuromon.com
URL www.kuromon-maruichi.com

日曜・祝日定休
買い物かご 送料・代引き手数料 四季の魚料理 旨い魚通信 旨い魚たちのうんちく・お召し上がり方など 今店頭ではこれが旨い! ご来店案内・及び周辺駐車場 トップページへ戻る お取り寄せ一覧
◆◇◇ 旨い魚通信 ◇◇◆
バックナンバー
NO.30 続・規格外 
前号へ 次号へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◇ 旨い魚通信 NO.30◇◇◆   2007年5月26日発行【黒門丸一】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、まぐまぐ・メルマで登録してくださった方と、
当店でお買い物してくださったお客様に配信させていただいております。
このマガジンがご不要の方は、巻末にて解除の方法を記しております。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎度丸一です。
今回は「NO.29 規格外」の続編です。
どうぞ最後までお付き合いください。

◆今号のラインナップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「続・規格外」
■鱧づくしスタートです!
■父の日に「鱧」を贈る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「続・規格外」

実は私は、八百屋の子に生まれたかったほど
野菜を食べるのが大好き。
(やたら葉っぱをむしゃむしゃつまみ食いをして
仕事にならんかったと思いますが)
暇があると八百屋の店先をのぞくのですが、
次々と「新製品」が登場するのには感心します。
品種改良や輸入作物、成長しきる前に刈り取ったものなど、
目先が変わって結構楽しい。

ウチの店でも「変化」をと思うのですが、
近海の天然ものが専門となると、
突然ヘンな深海魚を置くわけにもいかず、
季節の変化はあっても、一年でふりだしに戻る・・・です。
むしろ、昔に比べて種類が減ったかもしれません。

魚市場でも、鯛の代用品のように扱われていた
「クチミ」「タマミ」(ともにフエフキダイの仲間)
「ウメイロ」などは、養殖の鯛の価格が下がったためか
すっかり姿を見なくなりましたし、
大阪では夏祭りの頃、湯引きにして食卓にのぼる事の多かった
シロザメも(大阪では「ふか」と呼びます)
たまに入荷しても誰も手を出さなくなりました。

美味しいけれど多少難ありで、商売にしにくい魚もあります。
例えば「おせん」。
脂があって煮付けても焼いても旨いのですが、
やたら小骨が多いのが欠点。
これが入荷すると、物知り顔の魚屋のオッサンがうんちくを披露。

「これは本当の名前は、『おせん殺し』と言って
(こんな物騒な名前で図鑑を探してもおまへん^_^;スズメダイです。)
 昔々あるところにおせんという人がいて、
 これを食べて、小骨をのどに詰まらせて死んだんやぁ。」

セールストークとしては・・・・・没!(ーー;)

それ以外にも獲れる量が少なく、あまり知られていないため、
商売になりにくい魚があります。
私がお気に入りなのが「赤ヤガラ」。
親近感あふれる2頭身の長い顔と鮮やかな赤色、
ユニークなやつです。
知る人ぞ知る高級魚で、焼いても、そしてなんと言ってもお造り、
すしネタにしたら最高!
店に並べて驚くお客様を前に、
私も出所不明、脚色過多の怪しげなうんちくを披露。

「昔々、紀州の殿様が・・・」

すしネタよりも話のネタですね・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■鱧づくしスタートです!

 焼鱧に向く大型の鱧の入荷が始まりました。
 お待たせいたしました。「鱧づくし」販売開始です。
 「鱧ちり(鱧のおとし)」「鱧しゃぶ」
 そして「焼鱧」のセットです。
 焼鱧は、そのまま召し上がって良し、大葉と押し寿司にしたり、
 きゅうりもみにしてもGOOD。
 鱧しゃぶ用の身はてんぷらやフライにしても旨いです。

http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-hamo.html

 ※鱧の子は6月上旬頃開始予定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■父の日に「鱧」を贈る

 6月17日は父の日です。
 当店での父の日の一番人気は「鱧しゃぶと鱧ちり」。
 ご両親のご都合が良い時間帯など分からない場合、
 当店よりお電話でお伺いしてから発送することも出来ますので、
 お気軽にご利用ください。
 発送が集中するため、先着順受付となります。
 お早目のお申し込みをお待ちしております。

http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-hamo.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
前回発行から約1ヶ月。丸一としては随分間が詰まっています。
次も約一月後の6月末を予定しています。
・・・・頑張ります。(^_^;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ■□ 黒門 丸一 □■
〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-17-8
Phone   06-6631-4962
Fax  06-6643-1700
E-mail   maruichi@kuromon.com
URL http://www.kuromon-maruichi.com/
メールマガジンの登録・解除はこちらから(まぐまぐ・メルマ) 
http://www.kuromon-maruichi.com/umaisakana-tsusin.html
直接配信のお客様はメールにてご連絡いただけると幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号へ 次号へ

会員登録を行う お買い物をしなくても、専用の画面より会員登録をして頂ける機能です。
マイページにログイン 会員情報やお買い物履歴がご覧いただけます。