黒門丸一 旨い魚 黒門丸一
大阪黒門市場内・最高級鮮魚専門店
大阪市中央区日本橋1-17-8

TEL 06-6631-4962  FAX 06-6643-1700
更新履歴
11/09/08
e-mail maruichi@kuromon.com
URL www.kuromon-maruichi.com

日曜・祝日定休
買い物かご 送料・代引き手数料 四季の魚料理 旨い魚通信 旨い魚たちのうんちく・お召し上がり方など 今店頭ではこれが旨い! ご来店案内・及び周辺駐車場 トップページへ戻る お取り寄せ一覧
◆◇◇ 旨い魚通信 ◇◇◆
バックナンバー
NO.44 「誰が客かわからん」
前号へ 次号へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◇ 旨い魚通信 NO.44◇◇◆   2009年7月4日発行【黒門丸一】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、まぐまぐ・メルマで登録してくださった方と、
当店でお買い物してくださったお客様に配信させていただいております。
このマガジンがご不要の方は、巻末にて解除の方法を記しております。
よろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎度丸一です。
祇園さんも天神さんも『鱧』祭りと言われています。
夏は鱧ですね!
さて今回のお題は「誰が客かわからん」
どうぞ最後までお付き合いください。

◆今号のラインナップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「誰が客かわからん」
■ 夏うに 貫禄のスタート
■ お中元 ラインナップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「誰が客かわからん」

家族ぐるみでお付き合いのある妻の友人宅などでは
どこへ行ってもとても歓迎してもらえます。
でも本当に歓迎されているのは、私(オッサン)ではなく手土産(魚)。

さ〜さどうぞと迎え入れられ通されるのは、リビングではなく台所。
もとよりその覚悟ではありますが。
長身の私(180cm)が、女性用のエプロンを借りて
切れない包丁を握り締め、
身をかがめて小さいまな板に向かうのは、本当はツライ。
多分見てる方もツライ。 (^_^;)

普段のようにバーンと切り落として、ざんぶ!と水で流すわけにもいかず
いつも苦戦必至です。
気をきかせて出刃(骨董品、または新品)が用意してあっても、
切れないか下手すれば錆が・・・

そんな時、どこの家にも(包丁が無い家もあるそうな)あって
一番確実に切れるのが 
『調理バサミ!』
仕事とは全く頭を切り替えて、大雑把な作業ははさみでジョキジョキ。
(やっぱり見せられない姿)
骨格や関節など、切るべき部分さえ頭に入っていれば格段に早い。

家庭でもゴシゴシウ〜ン 切れない・・・とやるくらいなら
魚の身を傷めない分、ハサミの方が、と思う今日この頃です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 夏うに 貫禄のスタート

淡路産の赤うにが旬を迎えました!
粒の大きさ、甘み、香り、ともに最高のこの時期、
『夏うに』と称されます。

ミョウバンを使用せず、また、とろけやすい裏側を上に向けて出荷するのは
やはり自信の表れでしょうか。
このウニがネタケースに並んでいる鮨屋は高級店の証。
今月末までの贅沢をどうぞ。

http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-uni-hamoko.html

※先日、予約のなかなか取れない某割烹へ行った時ですが、
この手のウニが出てきました。
4cm四方くらいにカットした海苔の上にウニをのせて、塩をぱらり。
普段のわさび醤油とは違って、
これまたウニの甘みの引き立ついただき方でした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お中元 ラインナップ

  ●一番人気 淡路の活け鱧 ★週刊アスキーで取り上げられました!
  http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-hamo.html

  ●ハードリピーター増えてます 黒門市場のあの味噌漬
  http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-miso.html

  ●新物出ました 「本ちゃん」 紅鮭 
  http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-sake-kazu.html

  ●夏うに
  http://www.kuromon-maruichi.com/toriyose/shohin-uni-hamoko.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
「男のやんちゃ買い」という言葉をご存知でしょうか?
男性が欲しくてたまらないものについ大枚はたいてしまう現象だとか。
この「やんちゃ買い」景気回復のためにみんなでやろうじゃないか!
と、推進委員会が立ち上がったそうですが、うちでは
「妻のやんちゃ買い」
の方が明らかに上回ってます・・・ (ーー;)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ■□ 黒門 丸一 □■
〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-17-8
Phone   06-6631-4962
Fax  06-6643-1700
E-mail   maruichi@kuromon.com
URL http://www.kuromon-maruichi.com/
メールマガジンの登録・解除はこちらから(まぐまぐ・メルマ) 
http://www.kuromon-maruichi.com/umaisakana-tsusin.html
直接配信のお客様はメールにてご連絡いただけると幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号へ 次号へ

会員登録を行う お買い物をしなくても、専用の画面より会員登録をして頂ける機能です。
マイページにログイン 会員情報やお買い物履歴がご覧いただけます。